TERARIN GAMES

情報セキュリティ、組織論、ゲームなど

ジェミニアームズ / GEMINI-ARMS

 

f:id:genesis16bit:20181022000115p:plain

ジェミニアームズはツインスティック対応の、2人協力プレイ 横スクロールシューティングです。

リリース:Steamで2018年冬リリース予定

製作者:てらりん(TERARIN GAMES)

音楽:煉獄庭園

 

■対応コントローラー
XBOX360, XBOX ONE, PlayStation4等のツインスティックに対応します。

■移動方法
左スティックまたは十字キーで移動します。

■攻撃方法
右スティックを傾けることで、任意の方向に反射レーザーを発射できます。

f:id:genesis16bit:20181021235310p:plain 

ゲーム画面は上下左右斜めに強制スクロールし、敵は360度方向から出現します。自機は360度自由に攻撃が出来るので、敵の出現位置を見て、正確に狙撃するのが攻略のポイントです。装備のパワーアップはありません。標準装備の反射レーザーが優秀な武器なので、反射レーザーを駆使して戦います。

 

■変形
右トリガーを押すことで変形が可能です。2つの形態を使い分けての攻略が楽しめます。ARMS(ロボット形態)は、360度方向に攻撃可能であるため、上下後ろからの敵への対処に向いています。レーザーは壁に衝突すると反射します。STRIKER(戦闘機形態)は、前方(右方向)への攻撃に特化し、攻撃力が高く、移動スピードが早くなります。

■合体

合体ゲージ満タン時に、左トリガーを押しながら1P、2Pが重なることで合体できます。合体中は、1Pが移動、2Pが攻撃を行います。一定時間経過後に解除されます。合体ゲージは、時間経過で回復します。

■2プレイヤー
ツインスティックコントローラーを2つ接続することで、2人同時プレイが可能です。1人プレイの場合は、2プレイヤー側は、自機に追従する無敵オプションとなります。1人プレイ時に、途中から2人プレイをしたい場合は、2プレイヤー側のコントローラーのボタンを押すことで途中参加可能です。

 

■ミニマップ
中央に表示されるミニマップには、敵の出現位置が赤色で表示されます。これを見ることで、画面外のどの位置から敵が出現するのかが分かります。中央にミニマップを配置したのは、ローグライクゲームからヒントを得て、採用しました。

f:id:genesis16bit:20181008002805p:plain

■残機
残機はプレイヤー1,2で共通です。ダメージを受けると残機が減り、残機が残っていれば、その場復活します。残機がすべて無くなるとゲームオーバーです。スコアの獲得で残機追加(エクステンド)、アイテム取得による残機追加があります。

■コンティニュー
無限コンティニューです。ステージの始めからの再開となります。ゲーム終了後も、一度クリアしたステージの次のステージから再開が可能です。コンティニュー時にスコアはリセットされます。

■スコア
スコアはプレイヤー1,2で共通カウントです。敵を破壊するとスコアが追加されます。敵を一定時間経過前に連続で破壊すると、チェインが発生し、チェイン発生中に敵を破壊すると、通常よりも多くスコアが得られます。また、チェインを10以上つなぐと、チェイン数に応じたチェインボーナスが追加されます。チェインは、プレイヤー1、2で共通にカウントされますので、2人で協力してチェインを繋ぐことができます。

 

f:id:genesis16bit:20181008001053p:plain

クリスタルを取得すると、各機でクリスタルを保有し、ステージクリア時にスコアに加算されます。被弾すると保有しているクリスタルをばらまきますが、一方が落としたクリスタルを、他方が拾うことができます。

敵破壊数はヒット数として各機でカウントされ、ステージクリア時にスコアに加算されます。

■難易度
EASY、NORMAL、HARDの三段階から選択可能です。スコアの記録はすべての難易度で共通です。

 

動画はこちら 

 

■作者より
ジェミニアームズは、狙撃の楽しさを追求したシューティングゲームです。

前作ミサイルダンサーはロックオンの気持ちよさを追求したゲームであったため、正確に狙った狙撃は不要でした。今回は、シューティングの面白さの要素の一つである、狙撃の楽しさを追求しようと考え、ツインスティックシューティングにチャレンジしました。

360度方向に攻撃可能なシューティングとしては、古くは「ロストワールド(フォゴットンワールド)」がありますが、ゲームセンターでは特殊なローリングスイッチを使い、家庭用では、今のようなツインスティックは無く、右回転、左回転用のボタンを使う仕様となっていました。

プレステ1,2の頃には、デュアルショックコントローラがありましたが、今のような精度の高いものではなく、右ティックが効果的に使われるゲームは少なかったと思います。

XBOX360では「オメガファイブ」が家庭用のツインスティックシューティングとして発売され、私はこのゲームにとても影響を受けました。

ジェミニアームズの操作方法は、オメガファイブに近いですが、さらに改良を加えて、瞬時に任意の方向に向くことが出来るようにしました。

現在のゲーム環境は、ツインスティックがほぼ標準化されており、この特性を使った面白いゲームがもっと出ても良いのではと考え、このようなゲームを作りました。

パワーアップ無しという、非常にストイックなゲームにしたのは、広範囲の攻撃で敵をなぎ倒すタイプのゲームではなく、あくまでも狙い撃ちをするゲームとしたかったためです。

その代わり、2人で協力するという部分で、より効率的な戦いができるようにしました。例えば一方がボスのコアを狙い、もう一方が後ろからくる雑魚に対処する。コンボを二人で繋いで高得点を稼ぐ、一方が落としたクリスタルをもう一方が拾うなどです。

1人プレイの場合も、2プレイヤー側がオプションとして機能するようにしたのも、大きな特徴です。この場合、無敵オプションとなるので、この特徴を活かした攻略が可能です。無敵なので、敵にめりこませることができますし、クリスタルを拾わせれば、落とすことはありません。

スコアについては、インフレ気味な仕様としました。頑張れば頑張るほどスコアが上がる方が気持ちが良いと考えたためです。コンボを繋ぐとCOOL等の表示を出して、プレイヤーを褒めまくります。このあたりは、これまでのゲームと一緒ですが、より強調して、気持ちよさを高める工夫を入れています。

f:id:genesis16bit:20181008000603j:plain

デジゲー博では、フルプレイ可能な状態で展示いたしますので、是非プレイしてみてください。頂いたご意見については、今後の改善の参考にさせて頂きます。リリースは今年12月を目標にしたいと思います。