TERARIN GAMES

インディーゲームを製作しているTERARIN GAMESの公式ホームページです

お手軽ゲーム配信環境

お手軽にゲーム配信できる環境を構築しましたので、ご参考までにシェアしたいと思います。

 

左側のディスプレイが配信用、右側のディスプレイがゲームプレイ用です。

f:id:genesis16bit:20200909111613j:plain

 

今回、メガドライブ実機のゲームプレイ動画配信を試しました。

 

もうすぐ、メガドライブ版のマッドストーカーが販売されるので、メガドライブ実機をコンテナから出してきました。

f:id:genesis16bit:20200909112029j:plain

 

■最低限必要なもの

 

①メガドライブ用RGBケーブル

メガドライブの標準のAV出力は画質が良くないので、RGB出力をつかうためにこちらのケーブルを用意します。前面のステレオ音源を拾えるタイプのものが良いです。

f:id:genesis16bit:20200909111641j:plain

 

②RGB21→HDMIコンバーター

RGB映像をHDMIへ変換する装置です。

私のもっているものは、5千円くらいだったと記憶してます。f:id:genesis16bit:20200909112004j:plain

 

③HDMIスプリッター

一つのHDMI入力を、二つのHDMI出力に分配する装置です。

これは無くても、パソコンに取り込んだ画面を見てプレイはできますが、これがあれば、配信画面とプレイ画面を分けることができます。千円くらいで買えます。

f:id:genesis16bit:20200909111742j:plain

 

④HDMIビデオキャプチャー

HDMIの映像をWebカメラ映像としてUSB経由でPCへ入力する装置です。

インプット側がHDMI端子、アウトプット側がUSB2.0になっています。

本来であれば、HDMIキャプチャーボードを利用しますが、お値段が2~3万円もします。こちらの製品であれば、2千円くらいで入手可能です。

ゲームの映像をこのWebカメラ映像として取り込んでしまえというのが、今回の安上がり配信環境のポイントです。

f:id:genesis16bit:20200909111752j:plain

 

構成図

こちらが配信環境の構成図です。ポイントは、以下の通りです。

・HDMI出力に集約している(RGB映像は、HDMIへ変換)。

・HDMIスプリッターで、配信用とゲームプレイ用に映像を分配している。

・安価なHDMIビデオキャプチャーを使い、USB端子からPCへ映像を取り込んでいる。

 

今回、メガドライブ実機の配信を試しましたが、この仕組みであればRGB出力可能なゲーム機(PS1、PS2、サターン、スーファミ等)、またはHDMI出力可能な最近のゲーム機(Switch、PS4など)、ミニ系ゲーム機(メガドラミニ、PCエンジンmini等)の配信が可能だと思います。

 

他にもあったら便利なのが、音声のミキサーやマイクです。

f:id:genesis16bit:20200909111626j:plain

 

テスト配信してみた感じでは、画像も問題なく、ありなのではと思いました。


実際に配信するかは未定です。たまに、気晴らしに垂れ流すかもしれません。